トップ

テーブルの上

数字でわかりやすく健康管理 

一口に健康と言われても、今の自分の体がはたしてどのような状態なのかすぐにわかる人は少ないものです。いまでは、体の状態が分かる測定器も多々発売されています。一番一般的なものはやはり体組織計でしょう。機種にもよりますが、身長や年齢などを入力し、そのまま乗るだけで体重はもちろん体脂肪、筋肉量、骨量や新陳代謝レベルなどが測れます。体脂肪はメタボの基準の一つですし、筋肉が衰えると生活に支障をきたしやすくなります。骨量が減ると骨折しやすくなってしまいますし、新陳代謝が鈍ると太りやすくなってしまいます。あなたも、毎日体内部を測定してより良い健康生活を送ってみてはいかがでしょうか。

測定器についてのうんちく 

健康を管理するには病院に行って診察を行なってもらいます。定期的に人間ドックに入って色んな検査を行なってもらいます。まずは血液・尿・便・レントゲン等の標準値がある測定器を使った検査を行なってもらいます。次に今体に無理をしてないか?等の事を医師の問診時に伝えます。痛みや局部の熱感や腫れ等の症状等の把握には患者さん本人からの訴えや他人から見て認める症状から色んな測定器を使い健康が維持出来ているかを確認する事になります。測定結果を一般的な標準値と比較して更に必要な時には再検査を行なう事も有ります。細かく分類分けして診断をします。

健康測定に関する情報

新着情報